宮古島ではドライブしてるだけでもよく動物を見かける

宮古島でドライブ中に見つけた馬の写真

宮古島の旅行中にはいろんな動物を見かけます。
今回は、宮古島でよく見る動物と写真を紹介します。

※このページの写真はクリックすると、別窓で大きな画像を表示します。



宮古島でしょっちゅう目にするヤギ

宮古島でよく見る動物と言えば、ヤギです。
やぎ汁を出すお店のそばでは檻で飼われてるヤギを結構見かけます。
そういう場合はだいたい5匹以上いて、でも太ってはいません。

いずれやぎ汁になるかも知れないけど、とりあえず、やぎ汁屋さんではなさそうなところでヤギを見かけたので、その写真を載せます。

▼宮古島で見かけたヤギ
宮古島のうちでふつうに飼われてるっぽいヤギ
自転車で走っていて、檻があるのに気付きました。
よく見るとヤギがいます。

▼大人のヤギと子ヤギ
宮古島で見た大人のヤギと子ヤギ
子ヤギと大人のヤギを発見!
よく見るやぎ汁屋の檻と違って、檻に余裕があります。

檻の中にある岩(珊瑚だったもの)が宮古島っぽいです。
子ヤギは…檻の外に出ちゃってますね。

でも、やぎ汁屋近くで飼われているヤギも割と檻から出てることが多いです。

▼子ヤギには小さな角が…
宮古島で見た子ヤギには小さな角が…
子ヤギがかわいいので写真を撮りたいのですが、あまり近づくと怖がらせるかも知れないので少し離れて撮りました。
大人のヤギと子ヤギが一緒にもしゃもしゃと食事しているところです。

やぎ汁屋のそばで飼われているヤギより、はるかにカワイイです。

▼宮古島のかわいい子ヤギ
宮古島のかわいい子ヤギ
子ヤギがかわいいのでもう一枚。
顔に対して耳の比重が大きく、可愛らしさ抜群ですね!

こんなに間近でヤギ(子ヤギでも)を見たのは初めてです。
しかも、この子ヤギは檻の外に出てるので、私たちとの間には何もありません。
触ろうと思えば触れる距離で、子ヤギが草を食べてるのが宮古島です(笑)
(ビックリさせたらかわいそうなので触ってませんが)

写真はないのですが…恐らく野生だろうヤギも1匹見ます。
檻で飼われてるヤギと比べものにならないくらい体がごつくて大きいです。
それに、とにかく角が大きい!!
エコハウス近くの雑草地で毎回見かけるんですが、はじめて見た時よりどんどん大きくなってる気がします。
成人男性の腰以上の高さもある雑草が広々と茂っている中にいます。
うかつに近づいたり、目でも合わせようものなら角でやられそうです。


宮古島では馬を見ることも!

宮古島では馬もたまに見かけます。

▼宮古島で見かけた茶まだらの馬と白い馬

宮古島で見かけた茶まだらの馬と白い馬 宮古島で見かけた茶まだらの馬と白い馬
クリックして大きな写真を見ると分かりますが、馬は二頭います。
手前に茶色に白が混じった馬、奥に白い馬です。

白い方の馬は警戒心が強いのか、草むらから出てきません。
茶色に白の馬は、歩道に出ちゃってます。

▼草をはむ白い馬
宮古島の草をはむ白い馬
ちょっと遠めですが、白い馬が草を食べているところです。
きれいですね!

▼茶色に白のかわいい馬
宮古島にいた茶色に白のかわいい馬

人間が3人いても気にせず、歩道をウロウロしていました。
かなり小さい馬です。

▼人間を気にせず食事を続ける馬
人間を気にせず食事を続ける馬
大人の男性と比較すると、すごく小さいのが分かります。
乗馬体験のときの馬と比べても、すごく小さいです。

観光名所でも何でもない宮古島の日常風景の写真にも他の馬の写真があります。

あとは…
牛は飼ってるところ多いですね。
祖母宅の隣りでも数年前まで飼っていて、いつも道路に出ると牛の臭いがしました(笑)

宮古島では、鷺も毎回見ます。
都内でも隅田川で鷺を見たことありますが、宮古島では道路の真ん中に鷺が立ってたりします。
畑とか注意してみると、たまに鷺がいますよ。

それと宮古島で一番驚くのは、放し飼いの犬が多いこと。
野良犬がいっぱいいるのかと思ったら、首輪をしてました。
どうやら紐を外して、犬に自分で散歩させてるようです。
一人(一匹)で散歩してる犬を見かけると、こっちは気になってじっと見てしまうんですが、犬はさほど気にせずお決まりのコースを行ってしまいます。
(言わずもがなですが、猫もいっぱいいます)



✈ 宮古島でのレンタカーと格安航空券は?

宮古島への旅行はツアーですか、それとも飛行機のチケットと宿泊を別々に予約していますか?

私たちは毎回飛行機のチケットと宿泊予約を別にしています。
ツアーだと日程に自由がなかったり、行きたい日にちが安くなかったり…理由はいろいろです。

飛行機のチケット代は現在、往復3万円程度です。
大型連休や混み合う時期は避け、閑散期だけに絞って予定を組んでいます。
夫の祖母に会いに行くのが最大の目的なので、正月もお盆も関係ありません。
航空券の安さをメインに日程を組めば、宮古島への往復で3万円と思って下さい。

今回(2018年12月)は過去10数回の宮古島旅行で最安の1人あたり往復26,580円でした!

ちなみに、一番高かったのは伊良部大橋ができたあとで、1人往復45,000円でした。
(閑散期の平日でこの価格でした)

新しくANAでも宮古島直通便が出ていますが、私たちはJTA(JAL)便を使っています。
理由は、同じ1泊2日でもANAとJTA(JAL)では現地の滞在時間がまるで違うからです。
JTA(JAL)の方が9時間以上も長く、1泊2日でも朝着いて夜帰るので丸2日間、宮古島でゆっくりできます。

羽田宮古島間の直行便でJAL(JTA)とANAの航空チケットを比較も参照して下さい。

次に宿泊代です。
宿泊先も安く、今回は1人1泊2,000円でした。

宮古島はリゾート地です。
宿泊費がとても高いホテルもたくさんあります。
そうでない、安い宿泊先も結構あります。

安い宿泊先を探したい時は「ホテル」ではなく、「ゲストハウス」や「民宿」などを探すのがおすすめです。1人3〜5,000円でも充分良い部屋が見つかります。



お金に余裕のある人はオンシーズンに、安く旅行したい人はオフシーズンを狙いましょう♪

JAL日本航空 先得

もうひとつ重要なのがレンタカーです。
レンタカーは全国展開してる大手の業者から、地元密着型のこじんまりとした業者までさまざまあります。

費用を安く抑えたいなら、やはりおすすめは地元のレンタカーです。

私たちは毎回キューブタイプで、後部に釣り竿やクーラーBOXを載せるスペースがある車を借りています。
レンタカー料金は、5,000円から7,000円です。

スカイレンタカー
★フジレンタカーのキャンペーン情報★フジレンタカー【公式サイト】

★トライレンタカーのキャンペーン情報★トライレンタカー【公式サイト】

宮古島で格安の地元レンタカー9社を比較で各社のチラシを載せています。

楽天トラベルで宮古島でのレンタカー料金比較をする

工夫次第で、格安の宮古島旅行ができます。
浮いたお金は、現地での遊びや美味しい地元の料理やおみやげ購入などに使うことができます♪