宮古島でてびちを食す…

宮古島のばっしらいんで食べたてびち
宮古島に行って、てびちを食べました

宮古島でてびちを食べたい!!
残念てびちの話にも書いたように、以前(と言っても10年くらい前)に、夫が食べたてびちを私も食べてみたいんです。

その当時、私は食べず嫌いで、てびちは食べませんでした。
その後、都内で沖縄料理店へ運ぶうち、夫があまりに美味しそうにてびちを食べるので、ちょっとてびちに興味が出て…トライしてみた訳です(笑)

そしたらいっぺんに好きになりました。
ぷるぷるした食感も女子ウケしますしね。
骨の髄を箸でほじったりすすると、これがまた美味しくて、一気にてびちファンになりました。

そして、はじめての宮古島で夫が食べていたてびちが美味しそうだったことを思い出したんですが…なかなか、思ってるてびちに出会えませんね。

今回の旅行は、夕飯がどりーむだったので、夜に美味しいてびちを出す店を探すことは叶いませんでした。

その代わり、昼にばっしらいん(宮古島で有名なファミリーレストラン)でてびちを食べてきました!

※このページの写真はクリックすると、別窓で大きな画像を表示します。



▼宮古島のばっしらいんで食べたてびち
宮古島のばっしらいんで食べたてびち
写真は4つだけですが、本当は6個入ってます!!
手を付けた後に気付いて、慌てて写真を撮ったもので…

前回の居酒屋で食べたてびちよりは美味しかったかな?
量もあるし、値段もふつうだから、コスパはいいです。

ただ、このてびちも細かい骨がいっぱいの方のてびちでした。
私の大好きな骨の髄が吸えるてびちではなかった…

もう宮古島でのてびちは諦めて、都内の沖縄料理屋へ行った方が早い気がしてきました(笑)

昔行ったあの小料理屋はどこの何というお店だったんでしょう。
まわりには店がほとんどなくて、その店自体も入口が小さくて、座敷の席で飲食したんですが…
思い出補正がかかってるのかも知れませんね。
けど、それでもすごく行ってみたいです。


宮古島の空港レストラン「のむら」

同じのむらのレストランということで、空港ののむらで食べた宮古そばの写真を載せておきます。

帰りの飛行機に乗る前に空港で夕飯を済ませます。
東京へ戻るのは夜の10時半くらいで、空港を出られるのは11時

▼宮古そば
宮古そば
ふつうサイズの宮古そばです。
宮古島で食事をすると、たいていのお店は大盛りです。
とくに観光客がよく来るようなお店、飲み屋でなく食事するお店は普通サイズ=大盛りなことが多いです。

普通と小が選べる場合には、普通=大盛りと考えていいと思います。

▼宮古そば(小)
宮古そば(小)
こっちが、宮古そばの小です。
並べてないので、サイズが分かりにくいですね。

個人的に、ばっしらいんで食べる宮古そばより、空港ののむらで食べる宮古そばの方が好きです。
紅生姜があると、宮古そばのだしが引き立ちます!!

▼長寿そば
長寿そば
友人がすっかりハマっている長寿そばです。
毎回帰りの空港で食べています(笑)

宮古そばに、海草や葉もの野菜が乗せてあります。


人気レストラン「のむら」


〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里309−1
 Google MAPで場所を確認する
(※クリックすると別ウィンドウで『のむら』の場所を確認できます)
0980-72-2630

少し郊外ですが、大きな道路(78号線)沿いなので分かりやすいと思います。

「ばっしらいん」と空港レストラン「ぱいぱい のむら」の系列の元祖のレストランが、西里通りにある「のむら」です。
宮古島の人気レストランです。


ファミリーレストラン「ばっしらいん」


〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里934
 Google MAPで場所を確認する
(※クリックすると別ウィンドウで『ばっしらいん』の場所を確認できます)
0980-72-0548

宮古島の有名なファミリーレストラン「ばっしらいん」です。
空港からも近く、大きな通り(78号線)沿いにあります。駐車場もあります。
宮古島ではじめてできたファミリーレストランだと聞きました。
ばっしらいんとは、宮古の方言で忘れられないと言う意味です。

✈ 宮古島でのレンタカーと格安航空券は?

宮古島への旅行はツアーですか、それとも飛行機のチケットと宿泊を別々に予約していますか?

私たちは毎回飛行機のチケットと宿泊予約を別にしています。
ツアーだと日程に自由がなかったり、行きたい日にちが安くなかったり…理由はいろいろです。

飛行機のチケット代は現在、往復3万円程度です。
大型連休や混み合う時期は避け、閑散期だけに絞って予定を組んでいます。
夫の祖母に会いに行くのが最大の目的なので、正月もお盆も関係ありません。
航空券の安さをメインに日程を組めば、宮古島への往復で3万円と思って下さい。

今回(2018年12月)は過去10数回の宮古島旅行で最安の1人あたり往復26,580円でした!

ちなみに、一番高かったのは伊良部大橋ができたあとで、1人往復45,000円でした。
(閑散期の平日でこの価格でした)

新しくANAでも宮古島直通便が出ていますが、私たちはJTA(JAL)便を使っています。
理由は、同じ1泊2日でもANAとJTA(JAL)では現地の滞在時間がまるで違うからです。
JTA(JAL)の方が9時間以上も長く、1泊2日でも朝着いて夜帰るので丸2日間、宮古島でゆっくりできます。

羽田宮古島間の直行便でJAL(JTA)とANAの航空チケットを比較も参照して下さい。

次に宿泊代です。
宿泊先も安く、今回は1人1泊2,000円でした。

宮古島はリゾート地です。
宿泊費がとても高いホテルもたくさんあります。
そうでない、安い宿泊先も結構あります。

安い宿泊先を探したい時は「ホテル」ではなく、「ゲストハウス」や「民宿」などを探すのがおすすめです。1人3〜5,000円でも充分良い部屋が見つかります。



お金に余裕のある人はオンシーズンに、安く旅行したい人はオフシーズンを狙いましょう♪

JAL日本航空 先得

もうひとつ重要なのがレンタカーです。
レンタカーは全国展開してる大手の業者から、地元密着型のこじんまりとした業者までさまざまあります。

費用を安く抑えたいなら、やはりおすすめは地元のレンタカーです。

私たちは毎回キューブタイプで、後部に釣り竿やクーラーBOXを載せるスペースがある車を借りています。
レンタカー料金は、5,000円から7,000円です。

スカイレンタカー
★フジレンタカーのキャンペーン情報★フジレンタカー【公式サイト】

★トライレンタカーのキャンペーン情報★トライレンタカー【公式サイト】

宮古島で格安の地元レンタカー9社を比較で各社のチラシを載せています。

楽天トラベルで宮古島でのレンタカー料金比較をする

工夫次第で、格安の宮古島旅行ができます。
浮いたお金は、現地での遊びや美味しい地元の料理やおみやげ購入などに使うことができます♪