写真

宮古島の市街地(平良)に格安で宿泊できるエコハウスを写真で紹介

宮古島の市街地(平良)に格安で宿泊できるエコハウスを写真で紹介

宮古島でお気に入りの宿泊先エコハウス。

エコハウスとは自然の光や風を取り込んでエアコンを使わないなどエコな工夫がされた建物です。
宮古島への移住を考えてる人が宿泊体験をしたりできます。

宿泊料金も、平良にある市街地のエコハウスで1人1泊1000円と格安です。
(友利にある郊外型で1人1泊2,000円)

以前、紹介したのは友利にある郊外型のエコハウスでした。
今回、平良にある市街地型のエコハウスを初体験したので、写真付きで紹介したいと思います。

※このページの写真はクリックすると、別窓で大きな画像を表示します。

観光名所でも何でもない宮古島の日常風景の写真

サトウキビ畑など、観光名所でも何でもない宮古島の日常風景の写真

私が宮古島へ行くたびに母がとってもうらやましがります。
沖縄行きたい、宮古島行きたいと言います。
(沖縄旅行は以前プレゼント済み)

旅行と言っても、夫の祖母に会うのが目的だし、日程も一泊のみの強行軍なので連れて行ったことはありません。
「宮古島なんて何もない、海しかないよ〜」と毎回言ってるのですが…
(↑失礼な発言ですみませんが、母に同行を諦めてもらうためです)

母に言わせると、何もないのがいいらしいです。
何もない田舎でのんびり過ごすのが良いんだとか。
他の人からも似たようなこと(何もないのがいい)を聞いたことが何度かあります。

何もないところがいい! と思う人が意外にいるようなので、宮古島の日常風景の写真を載せておきます。

素人がスマホ(iPhone)で撮った宮古島の日常風景写真です。
観光名所ではない、ごくふつうの宮古島の写真です。

※このページの写真はクリックすると、別窓で大きな画像を表示します。

宮古島ではドライブしてるだけでもよく動物を見かける

宮古島でドライブ中に見つけた馬の写真

宮古島の旅行中にはいろんな動物を見かけます。
今回は、宮古島でよく見る動物と写真を紹介します。

※このページの写真はクリックすると、別窓で大きな画像を表示します。

宮古島の名所「池田橋」は”ついでに”行ってみよう

どこかのついでに見てみるのにピッタリな宮古島の名所「池田橋」

宮古島でどこかへ行った帰りに390号線を通っていた時に、突然「ここに日本一古いと言われる橋があるから、ちょっと寄ってみよう」と連れて行かれたのが池田橋です。
池田橋と書いてますが、石碑には「橋」ではなく「矼」(石へんに工)の文字が使われています。
(サイト内では池田橋と書きます。)

wikiで確認すると、日本一古い橋ではないようですが…それに近い古い橋であるには違いないので紹介したいと思います。
※このページの写真はクリックすると、別窓で大きな画像を表示します。

宮古島のドイツ村でドイツ貴族の衣装を着て記念写真を撮ってきた

宮古島のドイツ村で昔の貴族衣装を体験

ドイツ村でドイツ貴族の衣装を体験して記念写真も撮影してきました。

実は以前にドイツ村での衣装体験をしに行ったことがあるのですが、残念ながらその時は休館日でした。
今回は改めて、ドイツ村での衣装体験をENJOYしてきたので、仮装写真と一緒に紹介します。

※このページの写真はクリックすると、別窓で大きな画像を表示します。

DEEPな宮古島「石灰華段」と石灰華段への険しい道のり

宮古島のディープな観光スポット石灰華段への入口付近の海岸

2016年4月頭に、また宮古島へ行ってきました。
今回は、最新のDEEPな宮古島名所「石灰華段」を紹介します。

宮古島の婆ちゃんの家に到着すると、夫の叔母に「ティタガーへ行ってみない?」と言われ…
ティタガーと言われても全く見当もつかず、私たちは「???」です。
ティタガーとは、石灰華段のことだそうです。

ただ「せっかいかだん」と耳で聞いただけでは、よく分かりません。
?が消えない私たちに叔母は「世界遺産の九寨溝の小さい版みたいなもの」と教えてくれました。

しかし、私は「世界遺産の九寨溝のミニチュア版か〜行ってみたい!」という気持ちにはなりません。
なぜなら、この叔母はものすごく冒険好きな人だから。
案の定、石灰華段まで行くにはロープで崖を上り下りするとのこと。

私が車の中で待っていると言うと「怖くて車の中で待てないんじゃないか?」と心配されました。
意訳すると、一緒に行った方がいいということですね。

伊良部大橋を渡って伊良部島・下地島をドライブしてきました

 宮古島→伊良部島へ、伊良部大橋を渡ってきました

まだ伊良部大橋の建設途中だった時は、フェリーで伊良部島へ行きました。

今回(2015/11)は、伊良部大橋もできたので、伊良部大橋を車で渡って、伊良部島へ行ってきましたよ♪

初・伊良部大橋を写真とともに紹介します。
※写真はすべてクリックで拡大画像が見られます(別窓が開きます)

▼土砂降りの中の伊良部大橋

宮古島からフェリーで伊良部島へ

 宮古島からフェリーで伊良部島へ

今日、Yahoo!ニュースを見て、ちょっと驚いたことがある。

それはこの琉球新報のニュース。

1月下旬に宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」が開通して以降、観光客の増加などから那覇-宮古線を運航する航空3社の利用率が好調に推移している。その一方で、地元住民が航空券を購入できない状態が相次ぎ、困惑も広がっている。