宮古島の市街地(平良)に格安で宿泊できるエコハウスを写真で紹介

宮古島の市街地(平良)に格安で宿泊できるエコハウスを写真で紹介

宮古島でお気に入りの宿泊先エコハウス。

エコハウスとは自然の光や風を取り込んでエアコンを使わないなどエコな工夫がされた建物です。
宮古島への移住を考えてる人が宿泊体験をしたりできます。

宿泊料金も、平良にある市街地のエコハウスで1人1泊1000円と格安です。
(友利にある郊外型で1人1泊2,000円)

以前、紹介したのは友利にある郊外型のエコハウスでした。
今回、平良にある市街地型のエコハウスを初体験したので、写真付きで紹介したいと思います。

※このページの写真はクリックすると、別窓で大きな画像を表示します。


宮古島の平良にある市街地型エコハウスを写真で紹介

宮古島のエコハウスは2箇所。
郊外型は城辺地区の友利、いんぎゃ〜ビーチの坂の上にあります。
市街地型は平良の繁華街である西里にあり、市役所のすぐ近くです。

離島へのドライブはもちろん、繁華街のすぐ隣りなので、食事や飲みに行くのも楽ちんです。
夜、お酒を飲んでも、車なしで徒歩で宿泊先に戻れます。

外観を撮り忘れたので、GoogleMAPの写真を載せておきます。



▼吹き抜けのある明るいリビング
宮古島の平良にある市街地型エコハウスの吹き抜けがある明るいリビングの写真

玄関を入ってすぐのリビングの写真です。
右半分は吹き抜けが特徴的です。
外からの光で、とても明るくなっています。
写真では分かりにくいですが、左手はキッチンになっています。

▼リビングの4人掛けテーブル

宮古島の平良にある市街地型エコハウス、リビングの4人掛けテーブル 宮古島の平良にある市街地型エコハウス、リビングの4人掛けテーブルを逆から見たところ

キッチン側に4人掛けのテーブルがあります。
椅子(ベンチじゃない方)は上半分だけがグルグルと回るタイプです。

右側の写真、奥が玄関です。

▼1階の廊下とベランダ
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、1階の廊下 宮古島の平良にある市街地型エコハウス、1階ベランダ

(左)1階の廊下。右手に2階への階段があります。階段の外はベランダです。
(右)1階のベランダ。ベランダ奥のガラス戸の向こうは寝室です。

▼1階の寝室
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、1階の寝室

1階廊下の突き当たりにある寝室です。
写真には写っていませんが、左手に布団置き場があります。
シーツや布団、枕などは自分たちでセッティングします。

▼洗面所と1階のトイレ
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、洗面所 宮古島の平良にある市街地型エコハウス、1階のトイレ

(左)洗面所。洗面台の奥のスペースは洗濯機置き場ですが、洗濯機はありません。
石けん、歯みがきセット、ひげ剃りなど一切無いので、自分で用意する必要があります。
※ 友利にある郊外型のエコハウスには洗濯機があり、洗面道具なども揃っている
(左)1階のトイレ。ウォシュレットが着いていてビックリ…でも、壊れていて使えませんでした。
※ 2階トイレのウォシュレットはちゃんと動きました。

▼階段とお風呂場
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階に上がる階段 宮古島の平良にある市街地型エコハウス、お風呂

(左)2階に上がる階段。手すりが付いています。
写真右側が洗面所とトイレ、お風呂場になります。
(右)お風呂です。半分しか映ってないですけど。

▼書斎っぽい部屋と壁一面の本棚
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階の書斎? 宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階の書斎にある本棚

(左)2階に上がってすぐの書斎のような部屋。カウンターの左側は1階からの吹き抜けになっています。
(右)書斎のような部屋、吹き抜けの反対側は壁一面が本棚。
書斎の奥にもベランダがあります。

▼2階奥の道路側のベランダ
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階奥の道路側のベランダ

2階のベランダは2箇所ありました。
ひとつが書斎奥のベランダで、道路に面しています。

▼2階のベランダ
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階のベランダ。外は駐車場です。 宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階ベランダから寝室を見たところ

(左)2階のベランダ。外は駐車場です。
(右)2階のベランダ、奥は寝室です。

▼2階の廊下
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階の廊下

2階の廊下部分です。
廊下の奥は、寝室です。

▼2階のトイレ
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階のトイレ

2階にもトイレがあります。
こちらもウォシュレット付き。

▼2階の寝室
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階の寝室 宮古島の平良にある市街地型エコハウス、2階寝室にあるオットマン付きチェア

2階の寝室は、子ども部屋を想定してるっぽいです。
2段ベッドを分けて置いてるようでした。

1階の寝室よりも明るい雰囲気です。
2つのベッドの間には、オットマン付きのチェアがあります。

▼1階リビング脇
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、1階リビング脇

リビングの端には冷蔵庫があり、その奥には掃除機がありました。
扇風機やベープマット、ドライヤーもここにあります。

▼Wifiはあるけど、ほとんど使えない
宮古島の平良にある市街地型エコハウス、リビングにあるテレビとWifi

リビングの端にはテレビがありました。
テレビの左、DVD?デッキの上にWifiっぽいのがあります。
本体横にパスワードの書かれた紙も貼り付けてありました。

早速つなげてみたのですが…一瞬しかつながりません。
つながっても直ぐ切れます。
本当に直ぐ切れるので、数十秒〜数分おきに接続し直さないと使えません。
このWifiは、緊急用ですね。
ネットの接続環境は自分で用意していかないと厳しいです。

宮古島で市街地型と郊外型エコハウス、両方に泊まり比べた感想

建物や所在地、設備などは、宮古島の滞在目的などによっても変わってくると思います。

それ以外で、実際に宿泊して感じた違いをここでまとめてみます。

一番大きな違いは、予約からチェックインまでの手間でしょうか。
市街地型エコハウスの予約は、いわゆるお役所仕事的な面倒がありました。
申込書類のダウンロードまではカンタンです。
でも、書式やら何やら、不慣れな人には分かりにくい気がします。

宮古島へ着いてからの手続きも、同じです。
まず市役所で担当さんに会い、1階の経理カウンターで支払をします。
エコハウスに移動し、書類を提出、建物内で説明を受けて鍵の受取をします。

郊外型エコハウスよりも、だいぶ手間があります。
ふつうのホテルに宿泊するのと比べても、かなり格式張った感じです。

次に、ゴミの問題です。
郊外型でも、自分たちが出したゴミはチェックアウト前にまとめておきます。
燃えるゴミ、プラスチックゴミ、缶やビン類など、分別します。

市街地型では、ゴミを持って帰るシステムになっています。
現地のゴミ捨てルール(曜日や場所)を知ってる訳でもないのに、ゴミを持って帰るというのは厳しいですね。
ゴミを引き受けてくれる現地の知人でもいない限り、捨てる場所がありません。

市街地型エコハウスは建物内の調理は禁止です。
食べ物や飲みものの持込はOK。
でも、ゴミが出ても捨てるところがないんですよね。
食事や飲みをすべて外食で済ませても、飲みものは持ち込みますし。

大きな違いは、この二点ですね。

騒音が気になる人は郊外型は不向きかも知れません。
繁華街のすぐそばなので、夜中でも人の話し声など聞こえます。
(隣が駐車場のせいか、すごく近くに感じます)

エコハウスの所在地や設備などの比較はこちらを参照して下さい。


宮古島の市街地型エコハウス

所在地 〒906-0000 沖縄県宮古島市平良西里255−6
申込み・問い合わせは、宮古島市役所のエコアイランド推進課へ
0980-72-3751(代)
ts.ecotown@city.miyakojima.lg.jp

 宮古島への格安航空券・ツアー

JAL日本航空 JMB WAON

毎回、格安チケットを探してるんですが…結局、JALで買うのと同じ値段になります。

「あ、これ安いじゃん!」と思って、格安チケットのサイトを見に行っても、希望出発日を確認すると別に安くなかったり。

何だかんだとたらい回しにされた挙げ句、JALで普通に購入するのと同じ値段になると言う…
20円、30円の値引きのために数時間も費やしたのかと凹むこと数回。

予定直前のキャンセル待ちとかなら、安いチケットもあるんでしょうか。

我が家は飼い猫の留守番を母に頼んだりするので、2ヶ月前には予定を決めねばなりません。

二ヶ月前、もしくは45日前などの先特割引きを利用して買うのが、一番安いという結論です。
以前は、毎回往復2人分で8万でした。
伊良部大橋ができてからは大人二人往復で9万円くらいになりました。

が、2016年11月某日、奇跡的に大人二人往復6万円という激安チケットが買えました。
やはり、JALで直接買うのがいいですね。

JALでもANAでも、せめてマイルを貯めて少しでもお得に!

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】