宮古島で遊ぶ!コスプレ琉球衣装体験でステキな記念写真を撮ろう♪

宮古島で遊ぶ!コスプレ本格的な琉球衣装体験&熱帯植物園で記念写真を撮ろう
宮古島で何して遊ぶ?

宮古島で何して遊ぶか悩んだら?
琉球衣装体験してみませんか!

沖縄の伝統的な着物をキレイ&本格的に着付けてもらえます。
女性はもちろん、男性やキッズも楽しめる遊びです。

今回は、本格的で記念写真にもピッタリな立地の最高のコスプレ琉球衣装体験in宮古島を紹介します。
コスプレ好きさん、必見です♪

※このページの写真はクリックすると、別窓で大きな画像を表示します。


宮古島の琉球衣装体験で記念写真を撮ってみた!

宮古島熱帯植物園内にある『体験工芸村』で琉球衣装の着付け体験ができます。
伝統工芸村では、前回、夫と友人が乗馬(引き馬)体験をしました。
他にも宮古島ならではの工芸体験ができる場所です。

今回、琉球衣装体験をしたのは、万華鏡やフラワーブーケ作りも楽しめる《ベルフォー・ウェディング》です。
こちらの琉球衣装は、昔の琉球貴族の衣装だそうです。

▼琉球衣装体験はこんな感じです♪
琉球衣装体験をした建物のそばで記念写真
まずは、どんな感じなのか衣装を着せてもらった写真を見てください。

女性だけでなく、男性用の衣装も用意されています。
着物用の下着や足袋、草履まで準備されています。

女性の着物は5色あり、そこから好きな色柄を選ぶことができます。
男性は、透けた黒の下に金ピカとパターンが決まっているようですが、中の金ピカ部分の模様はいくつかあります。

女性(私)の着替えは40分くらいかかりました。
男性は10〜15分だったと思います。

▼琉球衣装の男性版で記念写真
琉球衣装の男性版で記念写真
琉球時代の貴族の衣装ということですが…
夫も友人も体格が良いせいか、貴族というか役人みたいです!

黒の下にこっそり意匠を凝らした金色の着物を見せるのが琉球風なんでしょうか。

金色の着物ですが、模様はいくつかパターンがあるようです。
左は亀甲柄、右は龍のモチーフ。
どちらも縁起の良さそうな柄です!

▼男性の琉球衣装をアップで
男性の琉球衣装をアップで
クリックして大きな写真を見ると、下の龍のデザインが分かるかと思います。

本来は、帽子も帯と同じ生地で作られているそうです。
でも、ここでは帽子も帯も、カンタンに着せられるように作られています。
帯に挿している扇子は、小道具で貸してくれました。

男性の下着はステテコともも引きのようなものでした。
着物を羽織る前はただの昭和のお父さんみたいで大爆笑です。
それがこのゴージャスな着物を羽織った途端に威風堂々とした感じになってビックリです。

馬子にも衣装とはこのことでしょうか。

▼女性の琉球衣装
女性の琉球衣装
女性の衣装は、華やかです!!
男性は隠れたオシャレでしたが、女性は色も柄もあざやかで派手です。

琉球衣装の特徴は、胸の前で大きく結ぶ帯です。
かわいらしいリボンが沖縄感をUPしてくれます。

頭につけているハイビスカスは、着付けの後に庭先から取ってきて飾ってくれます。
(琉球衣装体験の場所が、熱帯植物園の中にある)

髪も琉球衣装に合わせて結ってくれるので助かります。

大事なことを書き忘れるところでした!
琉球衣装は色も原色系で、模様も派手なので、着物に負けないようしっかりとしたメイクの方がいいです。
お祭りなんかでも踊り子さんは濃いめのメイクをしていますが、あんな感じが合います。

▼琉球衣装を横から見たところ
琉球衣装を横から見たところ
男性と女性、それぞれの琉球衣装を横から見たところです。

女性の首のところにクリップが止まってますが、そこは気にしないで下さい(笑)
記念写真を撮りに園へ出る時、着物が乱れないように留めてもらったものです。

▼熱帯植物園ならではの記念写真
熱帯植物園ならではの記念写真
先ほど書いたように、琉球衣装体験は宮古島市の熱帯植物園内にあります。

なので、着替え後は花が咲き乱れるキレイな園内で記念写真の撮影が楽しめます。
広い敷地内には難読独特の木々と色鮮やかな花がたくさんあります。
まさに記念写真を撮るための庭という感じです。
天然のコスプレ撮影ステージです。

天気が良ければ、なお最高ですよ!

昔撮った琉球衣装体験の写真と比較

実は…前にも一度、宮古島で流装体験をしたことがあります。

残念ながら…そこはもうありません。
来間島の竜宮展望台入口にあったのですが、もうだいぶ前になくなったようです。

竜宮展望台の流装は500円とか低価格でした。
安くて気軽な分、衣装も上から羽織るだけでした。

比較用に、来間島の竜宮展望台入り口にあった流装体験のときの写真を載せておきます。
▼来間島での琉球衣装体験写真
以前、来間島の竜宮展望台入り口にあった流装体験の写真
頭のかぶり物(花笠)はしっかりやってくれてた感じです。
でも、足下は靴下やジーンズが見え隠れ、化粧直しもなし。

背景はドリフのセットみたいな絵が立てかけてあるだけ…
更に、狭いスペースでの撮影なので、あまり良い写真は撮れません。
(みやげ物屋の店内で着替えと撮影)

これはこれで楽しかったのですが…
やはり、本格的な着付けと髪結い、広い園内での撮影は思い出としての仕上がりが違います。

来間島の琉球衣装体験を見たい方は、来間島で流装体験ページを見てください。

ベルフォー・ウェディングは正式な琉装

こちらの琉球衣装は、結婚式にも参加できる正式な流装(琉球貴族の衣装)です。

ベルフォー・ウェディングの琉球衣装体験をやってる方は、もともと沖縄(本島)でブライダルの着付けをやっていたそうです。

沖縄本島のブライダルでは5万円かかるものが、宮古島の琉球衣装体験では4,000円で楽しめます♪
若い人も、若くない人も、男性も女性も、絶対に楽しめる遊びですよ!

宮古島の旅の思い出にピッタリの写真が撮れること請け合いです!

▼部屋に飾っている琉球衣装の写真
部屋に飾っている琉球衣装の写真
今回の琉球衣装体験は思いの外、楽しくてステキな体験になりました。
これまで10回以上宮古島へ行っていますが、一番楽しめたイベントだったんではないでしょうか。

夫の祖母、私の両親に写真をプリントして送るくらいの良い思いでになりました。
あまりに気に入ったので、自分の机にも同じ写真を飾りました♪

女性の衣装と比べて男性の衣装が地味なので、男性はつまらないかな〜と少し心配しましたが、夫や友人に聞いたところ、男性でもすごく楽しかったようです。

※追記
子ども用の衣装も置いてありました。
というか、大人用よりも数は多かったような…
子ども連れの家族でも琉球衣装体験が楽しめると思います。

宮古島の熱帯植物園内にある体験工芸村


〒906-0011 沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1166-286
 Google MAPで場所を確認する
(※クリックすると別ウィンドウで『宮古島の熱帯植物園内にある体験工芸村』の場所を確認できます)
0980-73-2690

営業時間 10時〜18時
園内の『ベルフォーウェディング』という建物で琉球衣装体験ができます。
※琉球衣装体験は、予約制です。必ず、電話で予約を入れて下さい。

▼宮古島伝統工芸村のMAP
宮古島伝統工芸村のMAP

MAPをクリックすると別窓で大きな画像を見ることができます。
中央のイラストマップで言うと、万華鏡琉球工房と書いてあるえんじ色の建物が琉球衣装体験の場所です。


 宮古島への格安航空券・ツアー

JAL日本航空 JMB WAON

毎回、格安チケットを探してるんですが…結局、JALで買うのと同じ値段になります。

「あ、これ安いじゃん!」と思って、格安チケットのサイトを見に行っても、希望出発日を確認すると別に安くなかったり。

何だかんだとたらい回しにされた挙げ句、JALで普通に購入するのと同じ値段になると言う…
20円、30円の値引きのために数時間も費やしたのかと凹むこと数回。

予定直前のキャンセル待ちとかなら、安いチケットもあるんでしょうか。

我が家は飼い猫の留守番を母に頼んだりするので、2ヶ月前には予定を決めねばなりません。

二ヶ月前、もしくは45日前などの先特割引きを利用して買うのが、一番安いという結論です。
以前は、毎回往復2人分で8万でした。
伊良部大橋ができてからは大人二人往復で9万円くらいになりました。

が、2016年11月某日、奇跡的に大人二人往復6万円という激安チケットが買えました。
やはり、JALで直接買うのがいいですね。

JALでもANAでも、せめてマイルを貯めて少しでもお得に!

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】