宮古島観光なら、最後の秘境大神島はいかが?(2)島の中心の坂道を登って遠見台へ〜帰りがてらおぷゆう食堂でカーキタコ丼

大神島の遠見台へ向かう坂道

せっかくの宮古島旅行、フェリーで大神島へ観光してみませんか?

池間島には池間大橋ができ、伊良部島にも伊良部大橋が開通し、いよいよ残すのは大神島ばかり。
宮古島旅行で残された最後の秘境、大神島を写真と動画つきで紹介します。

※写真が多いので、2ページに分けています。

(1)前編では、島尻港からフェリーで出発して、大神島の海岸沿いを散歩して奇岩・巨岩を見ます。
(2)後編では、島の中心の坂道を登って遠見台へ行き、帰りがてら大神島唯一の商店・おぷゆう食堂へ寄ります。


大神島を散歩(港と山頂を結ぶ坂道)

次に、大神島の山頂へ向かう坂道を紹介します。

▼大神島の案内図
大神島の案内図

港の正面から島の中央へ続く坂道が、島の中心部です。
この中央の通り沿いに建物があり、ここで暮らしている人もいます。

狭い島で山のてっぺんまへ向かう道なので、傾斜はとてもきついです。
大神島で暮らしている人たちは買い物など、荷物の移動にゴルフカートを利用していました。

▼遠見台へ向かう坂の入り口
大神島の置く遠見台へ向かう坂の入り口

港の正面にあるポストが遠見台へ続く坂道の入り口です。
海抜5Mと表示があります。

▼大神中学校の跡地
大神中学校の跡地

大神中学校と小学校の跡地です。
中を覗いたら空き地でした。
平良市立とあるので、宮古島が宮古島市になる前にあったようです。

▼大神島のコミュニティセンター
大神島のコミュニティセンター

使われてる様子のないコミュニティセンター。
ここで海抜12Mです。

▼大神島の坂の途中から山頂を眺めたところ
大神島の坂の途中から山頂を眺めたところ

右手にコミュニティセンター、写真の左手に有る電柱でもう海抜20M、坂がどれだけ急勾配か分かります。

▼港と遠見台を結ぶ急な坂道
港と遠見台を結ぶ急な坂道

海の中に見える巨岩が大神島らしいです。

▼大神島の遠見台案内版
大神島の遠見台案内版

集落の先で道はおしまいです。
ここから更に登ると、遠見台があります。

遠見台の手前にある井戸

遠見台入り口の脇には、井戸がありました。
ここで海抜37Mです。

▼遠見台の入り口が祭祀のため閉鎖
遠見台の入り口が祭祀のため閉鎖

ふだんは遠見台まで登れるのですが、この日はあいにく祭祀の日にあたってしまいました。
遠見台への道は立ち入り禁止。

▼遠見大手前からUターン
港と遠見台を結ぶ急な坂道

元来た道を下って港へ戻ります。
登る時も急でしたが、下りはもっと角度を感じます。

坂の上から海を見ると、どれほどの急傾斜なのか、良く分かります。
水平線の奥にみえるのは宮古島です。

帰りのフェリーが出港するまで、おぷゆう食堂で食事をしながら休憩します。

大神島のおぷゆう食堂

坂を降りて、船着場の手前まで戻ると、島唯一の商店「おぷゆう食堂」があります。

▼大神島で唯一の商店、おぷゆう食堂
大神島で唯一の商店、おぷゆう食堂

おぷゆうとは、伯父さんのことです。
宮古方言の本には、一番上の伯父が「うぷうや」とあります。
ひらがなの表記に違いがありますが、発音すればほぼ同じです。
おじさんの食堂というだけあって、お店はおじさんがやっていました。

数年前に開店したようで、島唯一の食堂であり商店です。

▼おぷゆう食堂のテラス
おぷゆう食堂のテラス

おぷゆう食堂にはテラス席があります。
写真の右側の建物がおぷゆう食堂です。

▼島の住人向けに置いてる日用品
島の住人向けに置いてる日用品

観光客にとっては食堂ですが、島の住人にとっては商店でもあるようです。
乾麺、塩、砂糖、小麦粉などの日用品が売っていました。

▼おぷゆう食堂で販売してる飲み物類
おぷゆう食堂で販売してる飲み物類

食事ができるのを待つ間に、飲み物チェック。
東京では見たことのない種類のジュースなどあり、旅行に来たという感じがします!

▼おぷゆう食堂のカレーライス
おぷゆう食堂のカレーライス

私はカレーライスを注文。
鶏がたっぷり入ってて美味しかったです。

おぷゆう食堂のお食事メニューはカーキダコ丼、カレー、宮古そばの3種類。

カーキダコとは乾きタコ、つまりタコの干物です。
カーキダコは大神島の名産品になっています。

つまり、おぷゆう食堂でのお食事は保存のきくものという訳ですね。

私たちが行ったときはサザエのつぼ焼きが1つ150円でありました。
保存食以外の季節のメニューは手書きであるので、チェックしてみましょう。

▼おぷゆう食堂のかーきダコ丼
おぷゆう食堂のかーきダコ丼

夫が頼んだカーキダコ丼。
左上から、もずく酢、青菜とツナの和え物、汁、カーキダコ丼です。

青菜は大根の葉っぱです。
お酢を使った和え物ですが、とても美味しかったです。

汁は味噌汁ではなく、なぞの汁のまま。
海っぽい味がしたそうですが…

カーキダコ丼は、親子丼の鶏をタコと替えたような味付けです。
思っていたより美味しく、海産物の苦手な夫がとても気に入っていました。

干物というとしょっぱそうですが、カーキダコは全然しょっぱくなく、カツオ?の薫りがすごく強く、いつまでも噛んでしまうような美味しさです。

大神島近辺のタコはたこつぼに入らず、タコ取りの人がタコの棲家を一軒ずつ回って取ってくるそうです。
でも、最近はタコを取る人が減っているんだとか。

食後に青菜のことやカーキダコのことを尋ねると、おじさんがいろいろ教えてくれました。

実は店に入る前に、営業中かどうか尋ねたときは「(ん)なま、まだ」とだけ返され、ぶっきらぼうな印象がありました。
(ん)なまというのは、今という意味です。
まだだよという返事なのですが、宮古の方言だと分からない人も多いかも?

ひと言で終わる質問だとぶっきらぼうに感じるかも知れませんが、もっと話してみたら、気さくでおしゃべり好きなおじさんでした。

何もない大神島ですが、歩きまわった後は、ぜひ島を出る前におぷゆう食堂でゆっくり食事をしてみて下さい♪

カーキだこ丼がとっても美味しいです。
お腹に余裕があれば、季節のメニューも試してみて下さい。

► 前編を見る


《最後に》
海以外何もないと思っていた宮古島より、更にもっと何もないのが大神島です。
宮古島からフェリーで行けて日帰りできる観光地なので、どこへ行こうか悩んでる人にはおススメです。



URL⇒ https://youtu.be/exm_E8N547k

私たちの場合、大神島に滞在したのは2時間でした。
朝9時の便で島尻港を出発、11時の便で大神島を出ました。

外周道路と山頂へ向かう坂道などを散歩しても1時間足らず。
時間が余ったのでおぷゆう食堂で食事をして、おじさんとおしゃべりを楽しみ、一服しました。
祭祀がのない日で遠見台へ登っても、2時間あれば行けるところは行き尽くすと思います。
大神島は宮古島が都会に思えるほど、本当に何もない自然だけの島ですよ!

ちなみに、帰りのフェリーでは船酔いせずに済みました。
船酔いする人は窓側でなく通路沿い、できれば左の列の通路沿いに乗りましょう。
それと船内ではスマホなど文字を追うのをやめてぼんやりしましょう♪


 宮古島への格安航空券・ツアー

JAL日本航空 JMB WAON

毎回、格安チケットを探してるんですが…結局、JALで買うのと同じ値段になります。

「あ、これ安いじゃん!」と思って、格安チケットのサイトを見に行っても、希望出発日を確認すると別に安くなかったり。

何だかんだとたらい回しにされた挙げ句、JALで普通に購入するのと同じ値段になると言う…
20円、30円の値引きのために数時間も費やしたのかと凹むこと数回。

予定直前のキャンセル待ちとかなら、安いチケットもあるんでしょうか。

我が家は飼い猫の留守番を母に頼んだりするので、2ヶ月前には予定を決めねばなりません。

二ヶ月前、もしくは45日前などの先特割引きを利用して買うのが、一番安いという結論です。
以前は、毎回往復2人分で8万でした。
伊良部大橋ができてからは大人二人往復で9万円くらいになりました。

が、2016年11月某日、奇跡的に大人二人往復6万円という激安チケットが買えました。
やはり、JALで直接買うのがいいですね。

JALでもANAでも、せめてマイルを貯めて少しでもお得に!

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】